アクティブ・ブレイン・セミナーでは記憶法と人間学が融合した画期的プログラムで脳の使い方をお伝えします。

受講者の声

一覧へ戻る 体験レポート編

アクティブ・ブレイン・セミナーを実生活で活用して達成した内容をレポートしてくださいました。

ITパスポートに合格!そして自分の夢に直結した転職に成功(茨城県 40代 鈴木真子さん)

知り合いから体験セミナーに誘われたのがきっかけでアクティブ・ブレインと出会いました。当初は「記憶法+脳の使い方を学べる」ということで、 私自身のためではなく、高校生の息子の勉強に役立てば・・・と息子の付き添いとして、 田辺由香里講師ベーシック・コース学習法コースを受講しました。

ところが、受講をきっかけに「私にもできるかも!」とチャレンジしたい気持ちがフツフツと湧いてきて、手始めに仕事のスキルアップを兼ねて「ITパスポート」を受験することにしました。

これは経済産業省の国家試験で、現在12種類ある情報処理技術者試験の中でエントリー的な区分の試験にあたります。
しかし、初級レベルとはいえ、情報関連の聞きなれない専門用語が多く、合格するためには、情報系以外の大学生・社会人で200時間、情報系の大学生・社会人でも100時間の学習が必要とされています。

私は仕事上、多少の知識はあったものの、ほぼ素人状態から独学での勉強スタートでした。
そこで役立ったのが、学習法で教わった「合格の6つのメソッド」です。
まず試験のことを調べつくし、合格点から逆算して作戦を立てました。この試験は3つの分野に分かれており、分野別の評価点が一定の点数以上である必要があります。
つまり、各分野をまんべんなく勉強しなくてはならない反面、満点を目指す必要はないわけです。
私はフルタイム勤務ですし、家に帰れば家事と子育てに追われ、とにかく時間がありません。そこで必要最低限の知識を確実に定着させることを心がけ、調べながら過去問を解きまくりました。

また、難しい専門用語とその略語はリスト化して、アクティブの記憶法を活用しながら、脳にインプットしました。その結果、総勉強時間50時間足らずというスピードで一発合格することができました!

もちろん、この合格はとてもうれしい経験でしたが、アクティブの受講を通して、本当に自分が目指したかったことがパーンとクリアになったことが何より大きな効果だったと思います。

自分の「夢」がイメージできてしまったので、後は行動に移すしかありませんでした。アクティブに出会う前には想像もできなかった私自身の行動の変化でした。
結果的には転職に成功し、自分の夢に直結した仕事までゲットすることができました。受講後もサポートしてくれた講師の先生には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。これからもどうぞよろしくお願いします。


アクティブ・ブレイン・セミナー 無料マンガのお申込み