アクティブ・ブレイン・セミナーでは記憶法と人間学が融合した画期的プログラムで脳の使い方をお伝えします。

プレミアム・セミナー

全脳記憶英単語コース

アクティブ・ブレイン・メソッドと英語学習のスペシャリストがタッグを組んだ!

英語学習のスペシャリスト落合浩一先生とアクティブ・ブレイン・メソッドが融合した画期的な講座「全脳記憶英単語コース」は、どんなに難しい英単語でも大量に覚えるための実践技法です。
大学受験、TOEICや英検の対策、他の外国語への応用などの強力な武器となるはずです。
バージョンアップした脳をさらに加速させたいとお考えの方は、ぜひご参加ください。
皆様が英語のマスターを通じて、夢を実現されるのを心より楽しみにしております。

アクティブ・ブレイン協会 会長 小田全宏


20年以上、研究してきたプロが伝授する英単語記憶法で苦手意識払拭!

英語学習で一番時間がかかって苦労するのは単語の習得だと思いませんか?
英語がわかったり、使ったりすること自体は楽しいのに、膨大な単語の山を目の前に挫折する人がいかに多いことでしょう。
私は、自身の経験から英語の上達には楽しく単語をマスターするのが一番であると確信し、英語学を専攻していた学生時代からずっと英単語の憶え方を研究してきました。
大手予備校などで実践を重ねる中で20年以上にわたって改良を加え、最終的にアクティブ・ブレイン・メソッドと融合して現在の形になったものが「全脳記憶英単語」です。

アクティブ・ブレイン協会 英語専任講師 落合浩一

主なカリキュラム内容

新導入編 (1日目)

導入編では、ハイレベルな英単語を使って、アクティブ・ブレインで身に付けたイメージのしかたをゴロや語源に結びつける練習をします。
また、これからの学習にムダが出ないように、どの時期にどんなことをすべきなのかという英語学習の全体像を紹介します。発音記号やフォニックスなど実践編の前提となる知識も楽しく身に付けていきます。

新実践編 (2日目)

導入編で紹介したノウハウを活かして、英語上達のカギとなる英検準1級レベルの単語を実際に身に付けるのが実践編です。
1日目では、イメージ、ゴロ、語源、カタカナ、セットフレーズなど、それぞれの単語に合った覚え方で楽しく200語をマスターします。最終ステージでは、1語30秒で50語の記憶に挑戦しましょう。
一週間後の2日目は、文法を盛り込みます。それは単語帳をマスターする際に、派生語や文型、動詞パターンの知識が不可欠だからです。
そして、この日の最終ステージでは、1語12秒で30分間の無限瞬間記憶にチャレンジします。
8日間で課題を含めて800語の習得を目指す充実度120%の講座です。

オリジナル英単語集

実践編終了後、英検準1級、TOEIC 800点、東大を始めとする大学受験のトップレベルに必要十分な語彙2201語(派生語を含め4000語以上)すべてに記憶法がついた英単語集を進呈いたします。

新生全脳記憶英単語コース

落合浩一講師メッセージ

「全脳記憶英単語」を始めて10年になります。
その受講者にアフターサービスをする目的で作られたコミュニティを「KAI」と言います。

KAIの活動として、毎日「今日の3語」、週1でメルマガを配信、月1で無料セミナーを開いてきました。
並行して教材の開発もしています。
Stage1「発音・アクセント11rules」という音声教材を作りました。
また、みなさんからの「文法をやりたい」という声に応える形で始めた「英語学習法セミナー」は、そこで配布していた膨大なプリント資料をきちんと製本してStage2「おとなのための中学英語」(全40講)という動画教材として1年前に完成しました。

これを使ったセミナーも好評で、「英語学習法コース」に代わって、「おとなのための中学英語1 day program」という形で今年からさせていただいています。

そして、KAIの第3弾の教材が完成しました。

「快英単語」です!

英検準1級、TOEIC800に必要十分な語2201語すべてにイメージと音声をつけました。
イメージをつけると、解説する時間が不要、または短くなります。
今までは、「scatter まき散らす」なら、「自分の好きなスケーターを1人イメージしましょう。
エキシビションが終わったあと、スケーターに花束がまき散らされています」という解説が必要でした。

でも、画像を使うと、イラストを見せて「scatter スケーターにまき散らす、scatter にまき散らす」と6秒で憶えられるのです。

この「快英単語」を使うことで、「全脳記憶英単語セミナー」も2019年から進化します。

今年までは
1日目:導入編(100語)
2日目:実践編1(200語)+宿題350語
3日目:実践編2(250語)+自習用単語帳
と3日で合計900語のマスターを目指しました。

でも、遠方からいらっしゃる方に1週間あけての3日間は厳しいです。

そこで、イメージが通勤時間中にもスマホ見られるようになった新教材では、圧倒的に自習がしやすくなるため、次のような形にすることにしました。

2019年からは
1日目:導入編(200語)+宿題100語
2日目:実践編(250語)+自習用システム

2日で単語集の4分の1である550語のマスターを目指します。
「自習用システム」とあるのは「快英単語」は単語帳の名前ではないからです。

動画、単語集、語源・語法・例文集テキスト(+音源)、学習ガイドのような教材に加え、「今日の3語」、マイページ、モチベーションを大幅アップするための丸秘プレビレッヂのような記憶を維持、管理するためのシステムなのです。

今までは単語帳で憶えていました。
次の時代の憶え方は、システムです。

新全脳記憶英単語にご期待ください。

主なカリキュラム内容

新導入編(1日目)
Stage 1イメージ・ゴロ合わせ40語 発音記号子音1
Stage 2カタカナ語40語 発音記号子音2
Stage 3語源・背景記憶50語 英語学習の全体像
Stage 41語30秒に挑戦70語 0秒記憶メソッド
宿題100語 → 次回全問テスト
新実践編 (2日目)
100問テスト
Stage 1動画を使った記憶法40語 発音記号母音1
Stage 2単語帳の使い方40語 発音記号母音2
Stage 3文法50語 アクセント
Stage 430分瞬間無限記憶に挑戦130語 

550語 

当日配布する教材の内容(実践編)

  • 快英単語集2201
  • 快英単語[学習ガイド]
  • 快英単語[語源・語法・例文集テキスト]

参考動画

【受講者の声】

【開催のスケジュール】


アクティブ・ブレイン・セミナー 無料マンガのお申込み